遺品整理業者が注目される理由

近頃、遺品整理業者のニーズが高まってきています。その理由のひとつに核家族化が挙げられます。結婚すると家を出て新たに自分の家庭を設けて、両親と遠く離れて暮らすケースも少なくありません。両親の死後も住んでいた家を処分することになるケースが多く、遺品整理を業者に依頼しないと体力的にも肉体的にも大変だからです。

業者による遺品整理の段取り

ダンボールを運ぶ人

事前準備とスケジュールを決定

遺品整理を依頼するときは、遺品整理業者と事前にミーティングを行って、遺品整理や遺品処分の基準、遺品整理のスケジュールなどについて詳しく話し合うことが重要になってきます。遺品整理業者は、決められた基準に従って、遺品をとっておくものと処分するものを仕分けしていきますので、その判断規準は依頼者が決めておく必要があります。

不用品と保管品に仕分ける

遺品整理の当日は、スタッフが数名整理作業を行います。大型の荷物などを運びだすときに家具や床などを傷つけないようにしっかり養生してから、作業にとりかかってくれます。予め依頼者と相談しておいた基準に従って、処分品と保管しておくものをどんどん仕分けしていきます。

処分品の供養と部屋の清掃

遺品整理によって処分することになった物については、業者によって供養をしてくれます。供養してもらうことで、依頼者も心置きなく遺品を処分できるようになるでしょう。その後、遺品を運び出した部屋を、業者がきれいに掃除してくれます。作業の時は依頼者が立ち会いしたほうが、気持ちの整理もつきやすくなるでしょう。

遺品整理を業者に頼むのにかかる費用相場

遺品整理を依頼するときに気になるが、費用のことです。費用は依頼する業者や、整理をお願いする部屋の面積に応じて変わってきます。たとえば、ワンルームの部屋であれば、3万円から10万円、1DKで3万円から12万円、1LDKや2DKでは5万円から25万円が相場となっているように、部屋が広くなるほどに費用負担も大きくなります。

親族で遺品整理する時と業者が遺品整理する時の相違点

肉体的負担が少なくできる

家族が遺品整理を行う場合、肉体的負担が大きくなってしまいます。場合によっては、親と遠く離れて暮らしているケースも少なくありませんので、遺品整理のために遠くからやってきて作業をするのは大変です。業者に依頼すればその負担を減らせます。

冷静な判断ができるようになる

家族を失った悲しみが大きいと、遺品をみるたびに悲しくなってしまいます。そのため、遺品整理の際にも冷静な判断ができなくなり、遺品を適切に処分することができなくなるのです。業者に依頼することで、的確なやり方で遺品を整理することができます。

心身の負担を軽減するなら遺品整理業者を上手に利用しよう

ダンボール

優良な業者を見極める方法

遺品整理を引き受けてくれる業者も探してみると、たくさんあります。中には悪徳業者もいますので、気持ちよく遺品整理を行うためにも業者選びは重要なポイントになってきます。資格の有無も判断規準のひとつになります。遺品整理士という資格は遺品整理業を営む上で必須ではありませんが、資格を持っていたほうが専門的な知識があり、信頼できます。また、費用に関する明瞭であることも優良業者の条件になります。費用について明確に提示、説明してくれると安心して作業が任せられるでしょう。